アーム不動産サービス HOME > アパート・マンション選びQ&A

富山大学 五福 アパート マンション アーム興産

アパート・マンション選びQ&A

納得のいくアパート・マンション選びをしていく中にはいろいろな疑問があります。
ましてや初めてひとり暮らしをするにあたり不安もたくさんあると思います。
そこでアーム不動産サービスによく寄せられるお問合せ内容をQ&A形式にして記載致しました。
ここに書いてない疑問やお問合せがある場合はいつでもお気軽にアーム不動産サービスまでご連絡ください。

どんな物件を選ぶのが良いのですか?

新入生ではなく在校生に人気のある物件を選ぶのが一番良いと思います。
在校生は友達の部屋をみて自分の部屋・家賃と比較し相場観が養われていること、住んでみてわかる本当の立地条件が見えてくること、 そして家賃と立地と設備のバランスを総合的に鑑みることが出来るからです。
どの物件を選べばよいのかを明確に答えるのは難しいですが、毎年多くの在校生が学年の変わり目に退去するアパートは出来るだけ避けるべきだと言えます。

インターネット接続のタイプについて教えてください

アパートでインターネット接続を行う時は、(NTTやプロバイダーとの)個別契約を行いインターネットに接続する方法と、 大家さんと契約しアパート内に設置された差し込み口にLANケーブルを差し込むとインターネットに接続できるという方法に大別されます。 (前述の方式のアパートのことをインターネットマンション、後述の方式のアパートのことをインターネットサービスマンションと呼んでいます)。
学生さんの親御さんにとっての一番人気は月額無料のインターネットサービスが提供されるアパートですが、 私は、無料のタイプより選択制となっているインターネットサービスのアパートを選ぶ方が時代にマッチしていると思っています。理由は、
携帯電話のテザリング機能やモバイルWi-Fi等を使い、家の外でもインターネットを使う学生さんが増えてきました。 以前は通信速度に問題がありましたが、富山でもLTEの適用範囲が広がり、近年では家の外はもとより家の中でも携帯電話・モバイルWi-Fiを使い全てのインターネット接続を行うため、 アパートでのインターネット契約など不要という人が増えてきました。
一方、入学当初は携帯電話やモバイルWi-Fiなどの知識が十分でないため、差し込めば使える様なインターネットサービスは便利だという意見や、 学年が進んでも、テザリングやモバイルWi-Fiに関する知識が進まず、アパート内で提供されるインターネットサービスが一番という学生さんも多くいらっしゃいます。
よって、入学当初はアパートのインターネットサービスを使い、ご自身のインターネットに関する知識の向上に合わせ、利用環境を変更するのが今時のやり方となります。
ここで問題となるのが、インターネット無料マンションだと、家賃にインターネット料金が組み込まれているため、もし、ご自身の知識の取得が進み、 携帯電話やモバイルWi-Fiだけで全てを行うことができるようになっても、家賃を含む総額を下げることが出来ません。
そこで提案したいのは、インターネットサービスかかる初期費用(工事費)が安いまたは無料であり、解約時に手数料がかからない、 そして選択制となっているインターネットサービスのアパートを選ぶことです。

3月から入居したいのですが・・・

富山大学の卒業式は毎年3月23日前後となっています。
そのため、多くの部屋は早くて3月24日〜25日が退去日となります。
両親の都合で早く入居したいという希望もわかるのですが、退去された部屋を掃除をしたり、必要な部分があれば補修をかけたりすると、7日〜10日ほど必要となります。
そのため、3月から入居できる部屋となると、2月までに退去された部屋のみとなりますので、選択範囲が狭くなることを予めご了解ください。

物件はいつ頃から探すのがよいのですか?

1月の下旬から2月10日頃までに決めるのが一番良いと思います。
理由は3月の退去者予定が分かるのが1月から2月上旬であり、早すぎると十分な空き部屋情報が手に入らないことと、 2月10日を過ぎると推薦合格手続日前の土日に合わせ、多くの推薦合格者が部屋を探しに来るため、あわただしくなることが挙げられるからです。

その次に良いと思われる時期は前期試験日当日です。
この日は、お子さんは受験、親御さんはお子さんが受験している時間を使い、色々なアパートを外から眺め日当たりや管理状況を見たり、 各商業施設やキャンパスまでの夜道を想像し、写真や資料では解り難い部分をチェックします。
そして、場所に目星をつけ、アパートを絞り、受験後の子供と一緒に部屋の内見を行い、設備・清潔感の最終チェックを行います。
その後は、資料を持ち帰り、家で検討して、合格後、電話で即申し込みという方法をとります。
この方法ですと、再度来社する必要はなく、すべてのやりとりは郵送と電話で行われ、次にくるのは入居日と言うことになり、合理的・経済的で、便利です。

そして最後に良いと思われる時期は、前期合格発表後直後から出来るだけ早い時期ということになります。
年間を通じての一番のピークは前期合格発表後の最初の土曜日です。しかし合格発表後の翌日も比較的動きは激しいです。それ故、出来るだけ早く探しにいらっしゃることをお薦めします。
その後は、いい物件から売れてゆくという常識を当てはめると、後になるほど選択肢は狭まり、いわゆる残り物になります。
残り物には福があるとも言いますが、賃貸物件では多くの人の目を通り過ぎた物件という意味になります。

尚、合格発表の直後に、時々、いい物件がでます。
これは、試験日当日に申し込みをしていたが、残念ながら合格できずキャンセルされた物件がでるためです。 こんな物件は狙い目かもしれません。
最後となりますが、物件数は十二分にあり、入居できる部屋がないということはありませんので、ご安心ください。

ホームページで見たい物件の目星をつけたのですが・・・

当社のホームページを見て、目星をつけた物件があれば、会社概要の中にあるアクセスマップやGoogle地図を参照のうえ、ご来店ください。 駐車場もございますのでお車でのお越しの場合も大丈夫です。ご来店いただいた際は、「ホームページを見てきた」とお伝え下さい。
1月下旬から4月初旬のシーズン中は土日祝祭日関係なく休みなしで営業しております。
目星がついてない場合でも、お客様の希望に出来るだけ沿えるよう、努力いたします。
おすすめ物件以外にも物件は多数ございますので、お気軽にお問合せ下さい。

価格の特徴や相場を教えてください。

1階と2階以上では価格を違え(価格差は1千円から3千円)、しかも上の階に行くほど価格を更にあげているところが多々あります。

同じような物件でも、地域の違い(生活便利性の違い)で3千円から4千円ほど違います。
日当たりの良い建物は、同じような場所、同じような設備でも、3千円から5千円ほど急に値が上がります。理由は、距離や部屋の広さや生活の便よりも、日当たりが大切と考える新入生(の親御さん)が多く、日当たり良好物件は人気があるからです。

日当たり、生活利便性、設備等の質の悪さで人気度が低い物件は、家賃を低く押さえるのみならず、礼金なし、4月分家賃サービスで実質敷金なしといったお得感を更に出しています。

富山大学周辺にはワンルームで家賃・共益費で60千円を超える物件もありますが、富山大学生が住むという観点で相場をいうならば5万円払うとトップクラスが、42〜47千円程度でかなり良い物件が手にはいります。

ネット代、町内会費、水道光熱費までを含め5万円程度となる物件にしたいと考え、物件探しをする方が多くいらっしゃいます。
逆算すると家賃・共益費で3〜4万円クラスとなります。(厳密にはガス・電気使用量や物件によって違いますが、総額45千円〜6万円程度になると推定します)。
この価格帯の物件は、42〜47千円クラスの物件に比べ、立地をあきらめるか、日当たりをあきらめるか、2階以上をあきらめるかといった質と価格のバランスの見極めが肝要です。

家賃・共益費で2万円台の物件となると、更に清潔感かセパレートをあきらめる必要があります。
セパレートをあきらめるとは、風呂トイレ一体型のユニットと呼ばれる(シティホテルのような風呂とトイレが一緒になっている)タイプへの入居を指します。
ユニットタイプは、最近の学生には人気がありません。人気がないため、日当たり、立地、ある程度の清潔感があるのに、ユニットタイプだからという理由で家賃が低く押さえられています。
【例:ユニットタイプのお薦め】

工学部の学生はどのような点に注意して、物件を選べばよいですか?

富山大学工学部は、五福キャンパスの中で一番南にあり、正門から一番遠い位置にあります。 しかし、大学2年生の途中まで行われる教養課程の大半は正門付近にある合併教棟等で行われます。
また、工学部門から先の南側は市街化調整区域に指定されており、商業施設などが出来にくい状況となっております。

以上より、工学部の学生にとって便利な地域は、
(1) 2年生の途中からは通学が少し遠くなりますが、それまで通学・買い物ともに便利な正門近辺から市電の富山大学前停留所付近を選ぶ。(正門付近や市電の富山大学前停留所付近であれば、ショッピングセンター・コンビニ・文房具屋さんが近隣にあり、生活は便利です。)

(2) 2年生の途中までは通学が少し遠いですが、2年生の途中から通学が便利な鵯島(ひよどりじま)や五福9区あたりを選ぶ。(鵯島であれば、ショッピングセンターが近くにありますが、コンビニが少し遠くなります。五福9区であれば、近隣にコンビニ・ドラッグストアがありますが、ショッピングセンターが少し遠くなります。)

上記(2)で示した鵯島には、2階にある大型ショッピングセンター「アリス」がありますが、夜8時までの営業となっており、この点が学生には少し不便なようです。正門近辺から市電の富山大学前停留所付近であれば、鵯島の「アリス」のみならず、五福2区にあるショッピングセンター「ハロー」の両方が利用可能です。「ハロー」の営業時間は夜9時までで、2階には100円ショップがあります。

学生専用物件に子供を住まわせた方が安心と考えているのですが・・

学生専用物件を更に分別すると、@常に学生しか住めない厳密に管理された学生専用物件、A学生が多く住むいわゆる学生向け物件、に大別されます。
@の学生専用とは管理者は常に入居者が学生なのかをチェックし、学生でなくなったら早急に退去を求めるという物件となり、どうやって常に学生であるかをチェックするのか、学生でなくなった事実が判明したら即座に退去を実行できるか等、実現することは実際上かなり困難です。
Aの学生向けとは、入居者の多くが学生であり、学生の入居者比率が高い物件を指します。
ところが、学生比率が何割以上となったときに学生向け物件と言う基準なのかが不明確となっています。
私の知りうる限り、その基準は各業者の判断で行われていること、入居者の親御さん側にもそれぞれ基準があり明確ではありません。また、業者側に学生比率の実績値を聞いたとしても、それが本当の答えか入居者側では分からないという問題もあります。
以上を踏まえ、学生比率の高い物件を見抜く方法とし、下記を挙げます。

A:申込時学生専用物件なのか
入居時は学生でなければ申込みできない物件であれば、学生比率はかなり高いことが予想されます。
申込時に学生であるかどうかは、完全にチェックできます。(学生以外が申込んだ時はどうするのかを業者に聞けば、申込時学生専用物件か否かが分かります)
尚、申込時学生専用でも学生比率100%とならないのは、卒業(自主退学)後富山で就職しそのまま住み続ける入居者がいるためです。

B:保証料等が発生しない物件なのか
社会人向けにも募集している物件の場合、保証会社の保証をつけた契約とする事が多いようです。
学生向け物件といいながら保証料が要求される物件は、学生と社会人の混合物件と考えるのが妥当と考えられます。

C:火災保険以外の保険契約を求めてくる業者なのか
火災保険は必須の保険で、事故時の管理・対応面から加入先も業者の指示に従うべきと考えます。
しかし、ホームマイスター24やアクト安心ライフなど火災保険以外の保険契約を求めてくる業者がいます。業者側はカギや水回りのトラブル時に役立つ保険なので加入すべきと説明をするようですが、当社が紹介する火災保険だと火災等の事故時はもちろん、鍵開けサービスや水回りトラブルにも対応する保険となっています。
社会人ならば火災保険以外の保険に加入する事も一考する必要があるかも知れませんが、学生ならば、火災保険料を支払い、その上にこのような保険に2年間15000円を支払うのは、費用対効果面から疑問が残ります。(学生でどうしても上記のような保険が必要な時は、生協がやっている「学生110番」だと2年間で5550円ですので、こちらの方が徳だと考えます。)
上記より、火災保険以外の保険契約を薦める業者は社会人を主に斡旋していると考えられ、学生比率は少ないと推定するのが妥当と考えます。

1ヶ月の生活費や仕送りはどのくらいなのでしょうか?

富山大学で実施した調査ではありませんが、読売新聞に1989年と2017年の学生の生活費を比較した特集がありました。この特集記事は、富山大学生の実態と良く似ていると思います。
その資料の通り富大生も生活費は10万円程度、仕送り額は7万円ぐらいの人が多いようで、その差額はアルバイトや奨学金です。
もちろん仕送りが5万円に満たない方もいますし、10万超えを仕送りして貰っている方もいます。

車が必要かという質問を受けますが、あれば大変便利です。でも、車を持つと2万円ほど出費が増えるようです。最近の傾向は、やっぱり車があれば便利とのことで、車を持つ学生さんは増加傾向にあります。
一方バイクはどうですかと言う質問もあります。バイクは雪が降ると全く乗れない上に、天候上の理由から太平洋側に比べバイクに乗れる日数が少なくなります。また、天候からバイクを守ってくれる保管場所を別途見つけなければならないことから、バイクをもってきたものの、2年ほど経つと、バイクをやめ車に切り替える学生さんを多く見かけます。
尚、自転車はほぼ全員が保有しています。(自転車又は原付バイクを無料でおける駐輪場を設置しているアパートがほとんどです)

さて、1ヶ月の生活費についてもう少し説明をします。
生活費の中で一番比率が高いのが住居費で、家賃+水道光熱費で計算されます。
読売新聞の特集では平均5万円強となっており、富大生の場合はネット料金まで入れて4万5千円強〜6万円弱の方が多く見受けられます。住居費以外の支出は、食費が2万5千円、その他諸経費並びに交際費等で2万円弱〜3万円強というのが一般的です。

食費2万5千円ですが、自炊で対応する事で、その食費を大幅に抑えている学生さんもいます。
中には、大学から自分のアパートまで5分程度の所に住むことで、昼飯時もアパートに戻り自炊することで、昼食における外食費を削る学生さんもいます。
彼らに聞くと、コンビニでのパン等の軽食や生協で安い定食を食べるよりも、アパートで昼ご飯まで自炊した方が、節約出来るとの事です。でも、立地条件の良い物件を選択しないと、昼の自炊はもちろん、夜の自炊の回数も年々減少するとも言っています。
尚、自炊の回数が増えても、ガス代はあまり増加しないようです。
理由は、一人暮らしの学生が料理好きだとしてもコンロで使うガス量は、給湯器で使うガス量に比べ少ないからです。一人暮らしでガス代が一番影響を受けるのは風呂・シャワーの回数や使用する湯量です。

次ぎに、住居費の中で大きな割合を占める家賃と物件の善し悪しの相関関係について説明します。
例えば家賃4万円程度における最優良群に属する物件と家賃5万円程度ですがあまり評価が高くない物件を比較した場合でも、家賃5万円クラスの低評価物件の方が上位に来ます。
6万円クラスの物件と比較すれば、その差は、更に広がります。
つまり、家賃が高い程、物件は良くなる(それなりのメリットがある)という相関関係が存在します。

最後に、富大に入学するとバイトする方がほとんどなので、富大生のバイトと住む場所について説明します。
バイト先は、大学周辺ではなく、富山駅周辺のお店とする方が多いようです。 通学とバイト通勤を考えると、市電駅周辺が便利と思われるかも知れませんが、市電は富山駅に行くのに少し大廻りしています(地図を見るとそれがよく分かります)し、電車賃が発生します。
正門そばにある当社から富山駅までをGoogleで徒歩にて検索すると、距離2.4km、徒歩時間29分、全ルートがほぼ平坦と出てきます。自転車だと12分程で行けるはずです。是非、住む場所を選定する際の参考にして下さい。

物件選びには、仕送り額や学生という条件を考えねばなりません。また、入居者の生活スタイル(自炊派、車必要派、アルバイト必要派、交際費重視派等)も重要条件です。
新築や家賃の高いアパートは確かに良いものですが、上記条件と別ページで記した「アパートの選びかた」を鑑み、物件選びを行う事も肝要と考えます。

アーム不動産 学生サポート

アパート・マンション

アーム不動産サービス

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!